【一人暮らし】お風呂に入らない!めんどくさいからシャワーだけのデメリットは?

一人暮らしは毎日お風呂に入らない

※この記事では「お風呂に入らない=浴槽に湯をはり浸からない」認識ですすめます。

「一人暮らしは毎日お風呂に入らないけど大丈夫かな?」
「お風呂とシャワーはどちらがお得?」
「どのくらいの人がシャワーのみで済ましているのか?」

多くの一人暮らしは、一度はこんな疑問が浮かんだことがあるのではないでしょうか。

私もめんどくさいからシャワーで済ませる日も多くありましたが、デメリットはないのか気にしていました。

そこで、毎日お風呂に入らないとどうなるのか?を記事にまとめました。

この記事を読んで分かること
  • 毎日お風呂に入らないメリットとデメリットが分かる!
  • 一人暮らしでもお風呂に入るメリットが分かる!
  • 一人暮らしのお風呂事情をよくする方法が分かる!

お風呂に毎日入る人、シャワーのみの人どちらにもメリットがある内容なので最後までお付き合いください。

この記事を書いた人
節約大佐

節約ブロガー|中京圏在住|5人家族アラフォー|
少しでも得したい。日頃からお得な情報にアンテナを立てまくり。さまざまな節約方法を調べて実践してます。
節約した結果、電気・ガス・水道料金トータルで、全国平均よりも28.5%(年間8万円以上)固定費を削減!

節約大佐をフォローする

結論:お風呂は毎日入らなくても大丈夫!

※この記事では「お風呂に入らない=浴槽に湯をはり浸からない」認識ですすめます。

結論は、一人暮らしは毎日お風呂に入らなくても大丈夫です。

お風呂に全く入らない場合は、デメリットが大きくなるので少ない頻度で良いのでゆっくりお湯に浸かりましょう。
頻度としては、少なくても月に1~2回がオススメです。

頻度を減らすことで水道代やガス代が節約できますが、だからといって過剰にすることはやめたほうが良いです。

一人暮らしにあった節約は効果が高い方法が他にあります!

では詳しく解説していきます。

一人暮らしの約70%は毎日お風呂に入らない(めんどくさいから?)

他人が毎日お風呂に入っているかは気になりますよね。

あるアンケート結果では、一人暮らしのうち「毎日お風呂に入る」は約30%で、約70%は毎日お風呂に入らない(たまに入るや全く入らない)と回答しています。

全世帯では、約40%が「毎日お風呂に入る」と回答しているので、一人暮らしは「毎日お風呂に入らない人」が増えていることがわかります。

毎日お風呂に入らない人の内訳は「週に2~3回入る」や「週に1回入る」・「毎日シャワーのみ」となります。

やはり多くの一人暮らしは「毎日お風呂に入っていない」ことがわかりましたが、ここからはメリットやデメリットを解説します。

毎日お風呂に入らないとどうなるか?

「毎日お風呂に入らないとどんなデメリットがある?」
「シャワーのみで済ませるとどんなメリットがある?」
「気を付けることは?」

すべての物事には、メリット・デメリットがあり全体のバランスをみて良い選択をすることが大事です。

メリットとデメリットを詳しく紹介しますので、自分の目線で判断してください。

毎日お風呂に入らないメリット

毎日お風呂に入らないメリットを3つ紹介します。

お風呂に入らないメリット
  • 時間がかからない!
  • 水道代・ガス代が節約できる!
  • 掃除時間が短縮できる!

入浴時間を考えると、シャワーのみは約10分ですが、お風呂に浸かる場合は15分以上かかり、入浴前に浴槽の掃除とお湯をためる時間が30分程度かかります。

つまり、お風呂に入らないことで自由な時間が増えます

つぎに、シャワーのみで済ませる方が水道代・ガス代の節約ができます。

浴槽に溜めるお湯の量より、シャワーで使用するお湯の量が少ないため水道代・ガス代も安くなります。
※節約効果については、後ほど詳しく説明します。

また、浴槽を利用しないため浴槽も汚れにくくなり掃除時間も短縮できます。

お風呂に入る頻度が少なくなればなるほど、浴槽は汚れにくくなります。

毎日お風呂に入らないデメリット

つぎにお風呂に入らないデメリットを3つ紹介します。

お風呂に入らないデメリット
  • 疲れがとれにくい
  • 基礎代謝が落ち免疫力が低下
  • 毛穴の汚れが落ちにくい

お風呂にゆっくり浸かることで1日の疲れが取れますが、逆にシャワーだけでは疲れが残ります。

また、カラダをじっくり温めることができないので、代謝が悪くなる→基礎体温が上がりにくい→免疫力が低下してしまいます。

他にも、シャワーのみでは表面の汚れは落ちても毛穴の奥に詰まった汚れは落ちないため、臭いを発しやすくなります。

健康面や衛生面では、ゆっくりとお湯に浸かるほうが良さそうです!

お風呂に入らない節約効果は?

シャワーのみだと、自由な時間が増え・節約効果を得られますが、疲れが残る・免疫力が低下などデメリットが発生します。

メリット・デメリットについては、前項の説明でお伝えしましたのでここでは、「具体的にいくら節約できるのか」具体的に紹介します。

具体的な節約金額が分かれば、正しい選択するための判断材料になります!

仮に、毎日お風呂に入るvs毎日シャワーのみでは、1ヶ月の水道代・ガス代の金額差は約2,100円です。
前提条件を含めここから詳しく説明します。

水道料金・ガス料金の節約効果

お風呂に入るかシャワーで済ますかによって、水道代・ガス代が変わります。

前提条件
  • シャワーのみ入浴の時間は10分
  • お湯に浸かった後に、5分間シャワーでカラダなどを洗う
  • 浴槽には200リットルお湯を溜める
  • 水道料金0.25円/ℓ、都市ガス145円/m3

まず水道使用量は、

  • お風呂に入る:260リットル
  • シャワーのみ:120リットル

それぞれの水道使用量から水道料金とガス料金を計算します。

  • お風呂に入る:4,038円/月(水道代=1,950円、ガス代=2,088円)
  • シャワーのみ:1,864円/月(水道代=900円、ガス代=964円)

1ヶ月当りでは、シャワーのみ入浴が2,174円安くなります
一人暮らしで2,174円は大きな金額ですね!

水道料金やガス料金は、地域によって大きく異なるため参考程度に考えてください。

1ヶ月で2,100円も変わるなら少しのデメリットなら我慢できそうです。

まとめ:お風呂は毎日入らなくても大丈夫!

毎日お風呂に入るvs毎日シャワーのみ入浴では、節約金額は1ヶ月で約2,100円です。
節約金額だけ見れば、毎日シャワーのみ入浴が良いと感じますがデメリットもあります。

シャワーのみ入浴のデメリット
  • 疲れがとれにくい
  • 基礎代謝が落ち免疫力が低下
  • 毛穴の汚れが落ちにくい

このデメリットは、お風呂に入る日とシャワーのみで済ます日を混ぜることで解消できます。
お風呂に入る頻度を多くしすぎると節約効果が薄くなります。

節約を重視したい人は月に1~2回、健康重視の人は週に1~2回がオススメです!

あなたにピッタリの節約法を見つけよう!

固定費には多くの種類があり、種類によってさまざまな節約法がありますが、全員にオススメの節約法は少なく家族構成や生活環境によって効果を得やすい節約法は変わります

下記の検索条件を設定し「あなたにオススメの節約法を調べる」をクリックすれば多くの節約法の中からあなたにピッタリの節約法を紹介します!

高い節約効果を得られる方法を厳選したので参考にしてください!

検索条件

世帯人数

住居区分

居住地

属性

あなたにオススメの節約法3選!

選択された条件よりあなたにオススメの節約法が表示されました!以下を参考に固定費の削減にチャレンジしましょう!

オススメ節約法の一つが水道料金の節約で節水グッズで効果が持続します!

家庭内の水道は用途が広く根気強く節約に取り組む必要があります。

日頃から節水を意識し継続することが大切ですが、人によって節水意識はバラツキがでるため家族が多いと効果を得ることが難しくなります。

そこで節水グッズが役立ちます!

節水グッズのメリット

節水グッズは一度設置するだけで意識せずとも一定以上の節水効果が得られます。

例えば、お風呂の節水シャワーヘッドは設置すれば節水意識のあるないに関わらず一定の節水効果が得られます!

オススメの節水グッズを紹介した記事を参考にしてください。
>>【節水グッズ14選】お風呂・トイレ・キッチン(台所)で効果絶大なオススメアイテム!

電気料金の節約も大きな効果が得られるのでオススメです!

水道・光熱費の約50%を占めているものが電気料金です!

電気料金は季節による変動幅が大きい特徴があり、多くの電化製品に囲まれて生活する現代において電気料金の大幅な削減は容易ではありません。

大幅な削減が難しい電気料金の一番効果的な節約法が「電力会社の見直し」です!

契約中の電力会社を見直すことで生活スタイルは変えずに電気料金を削減できます。

世帯人数が多い家庭では年間に10万円以上の節約効果があります。

しかし、エネルギー資源の高騰や円安の影響で多くの新電力会社が新規契約の受付を停止しています。

電気料金の再設定(値上げ)を行う新電力会社も出てきています。

昨今の情勢では、電気料金の一括比較サイトを利用し契約可能でおトクな電力会社を探すことがベストです。

電気料金の一括比較サイトは「エネチェンジ」がオススメ

エネチェンジは上場企業が運営する安心なサイトで、エネチェンジ限定の特典もあり直接申し込むよりおトクになります。

郵便番号などの簡単な入力項目を埋めるだけで「あなたにオススメの電力会社」が分かります。

電力会社選びは「エネチェンジ」におまかせ!

>>【エネチェンジ】公式サイトはこちら

ガス料金の節約は家庭によって大きな効果が得られます!

ガス料金は世帯人数や生活環境によって大きく異なり、季節によっても大きく変動します。※冬がもっとも高く夏に安くなります。

家庭内でのガス用途は炊事、入浴、暖房と限られているため行える節約法の種類も多くありません

ガス料金の節約法の中で必ず行うべき方法が「ガス会社の見直し」で、使用中のガス種類によって節約効果が大きく異なります。

ガスの種類

都市部:都市ガス
地方:プロパンガス

都市ガスなら

都市ガスは2017年に小売り自由化がスタートし、契約先を見直すことで毎月のガス料金を節約できます。

ガス会社によってプランや特典が異なるため比較することが大切ですが東京ガス管内(関東)と東邦ガス管内(東海)であればエルピオガスがオススメです。
>>【エルピオ都市ガス】公式サイトはこちら

プロパンガスなら

プロパンガス料金は各ガス会社によって大きく異なり他の公共料金と比べて不透明と言われています。

プロパンガス会社を見直すだけで年間5万円以上の節約も可能で、契約中のガス料金が高い場合にはさらに節約が期待できます。

あなたのガス料金が適切な価格か確認するためにも一括見積りサイトは利用すべきで、プロパンガスの一括見積りサイトならエネピがオススメです!
>>【利用は無料】プロパンガスの一括見積りはエネピ!オススメ理由を徹底解説! 

住宅ローンなどの住居費の見直しで大きく節約できる可能性があります!

持ち家の場合、家賃に代わって住宅ローンを支払っていますが住宅購入時の住宅ローン選びに失敗し余分に返済額を支払っている人が意外に多くいます

例えば、固定金利か?変動金利か?の選択によって月々の支払いが数万円変わり35年の総支払い額も数百万円高く支払ってしまう人もいます。

住宅ローン選びに後悔している人は多くいます!

負担となっている住宅ローンは借り換えることで削減できますが、複数の金融機関を比較したり審査に申し込む労力は想像以上に大変です。

そんな大変な住宅ローンの借り換え負担を軽減してくれるサービスが「住宅ローン一括比較サービスのモゲチェック」です!

モゲチェックは5分のWEB入力で提携金融機関の中からあなたにピッタリの住宅ローンを提案してくれます。

しかもモゲチェックは無料で利用できるので少しでも気になる方は利用するべきサービスです。

モゲチェックについて詳しく知りたい方は関連記事をご確認ください。

>>【無料で節約】モゲチェックがすごい!気になる理由を徹底解説!

家賃などの住居費の見直しで大きく節約できる可能性があります!

38.8%の人が賃貸住宅に住んでおり家賃の全国平均は55,675円という調査結果があります。

上記数値は全国平均で地域によって大きく異なります。

例えば東京都では、賃貸住宅に住んでいる人の割合は55.0%と沖縄に次いで2番目に高く、家賃平均も81,001円で最も高額です。

家賃の目安は収入(手取り)の25~30%と言われていますが安いに越したことはありません。しかし実際に目安より安い物件を借りている人は少ないのが実情です。

低価格の賃貸物件が借りられない主な理由
  • 希望に見合わう物件がない
  • 不動産屋が安い物件を紹介しない

たしかに低価格な賃貸物件は賃料相当な物件も多いため希望に見合わないこともありますが、不動産屋が紹介したがらないという裏事情も大きいと考えます。

不動産屋にしてみればできるだけ高い家賃で契約してもらう方がメリットがあります(仲介手数料が高くなるため)。

あなたが安い物件を熱望しない限り家賃が高めの物件を紹介されます!

実は、家賃が安い賃貸物件に特化している不動産屋さんがあります

首都圏なら

首都圏は特に家賃が高額で多くの人が頭を悩ませていますが、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に特化した格安専門の不動産屋さん「部屋まる。」がオススメです!

部屋まる。には東京都内で6万円以下の格安物件を多く取り扱っています。安いだけでなく良い意味で価格に見合わない優良物件が多く、多くの写真から気になる物件が見つかります!

住居費は高い節約効果を得られる固定費なので少しでも気になる人はチェックしてみてください!
>> 【部屋まる。】公式サイトはこちら

家賃などの住居費の見直しで大きく節約できる可能性があります!

38.8%の人が賃貸住宅に住んでおり家賃の全国平均は55,675円という調査結果があります。

上記数値は全国平均で地域によって大きく異なります。

例えば東京都では、賃貸住宅に住んでいる人の割合は55.0%と沖縄に次いで2番目に高く、家賃平均も81,001円で最も高額です。

家賃の目安は収入(手取り)の25~30%と言われていますが安いに越したことはありません。しかし実際に目安より安い物件を借りている人は少ないのが実情です。

低価格の賃貸物件が借りられない主な理由
  • 希望に見合わう物件がない
  • 不動産屋が安い物件を紹介しない

たしかに低価格な賃貸物件は賃料相当な物件も多いため希望に見合わないこともありますが、不動産屋が紹介したがらないという裏事情も大きいと考えます。

不動産屋にしてみればできるだけ高い家賃で契約してもらう方がメリットがあります(仲介手数料が高くなるため)。

あなたが安い物件を熱望しない限り家賃が高めの物件を紹介されます!

実は、家賃が安い賃貸物件に特化している不動産屋さんがあります

首都圏以外なら

全国の物件を取り扱っている「ビレッジハウス」がオススメです!

ビレッジハウスには家賃2万円代の賃貸物件を多数掲載しており敷金・礼金・手数料などが0円で初期費用を抑えることができます!

ただし、あなたのエリアに格安物件が無い可能性もあります。あるか?ないか?一度確認してみることをオススメします!

おトクな賃貸物件なので空きが無いこともあるので家賃の節約を考えている人は定期的にビレッジハウスのサイトをチェックするようにしましょう!
>>【ビレッジハウス】公式サイトはこちら

保険を見直せばムダな支出が減り節約効果を得られます!

生命保険は、万が一の病気や事故による入院・死亡時に助けになるため加入することをオススメしますが、過剰に恐れて生命保険に加入してしまうとムダな支出が増えてしまいます。

保険の加入を検討するタイミングは結婚・出産・自宅購入時など人生の大きなイベント時が多いと言われていますが定期的な見直しはかかせません

最適な保障内容は年々変化し新しい保険商品も登場するため定期的な見直しが必須です!

見直す時には広い視野で検討することが有効なので、多くの保険会社の商品を比較することをオススメしますが多くの手間と労力が必要です。

保険を見直したいが面倒はイヤだ!そこでオススメなのが保険のプロに相談することです。

保険のプロと言えば生命保険会社のセールスマンを想像すると思いますが、保険会社のメリットが大きい商品を紹介されるのでは?という疑念が消えません。

そこで第三者の立場で公平に相談できるのがFP(ファイナンシャルプランナー)です。

FPに相談することで生命保険のことだけでなく家計全体の支出などトータル提案が受けられます。

保険営業に比べてしつこい営業は無く安心して相談できます!

FPに相談できるサービスはいくつかありますが、私のオススメは保険見直しラボです。

多くのベテランFPが在籍し、店舗へ訪問することなく相談できます。オンライン相談も可能!

保険見直しラボは何度でも無料で相談できるので気になっている人は迷わず利用することをオススメします。

長期的に固定費を節約したい方は保険見直しラボの口コミや評判をまとめた記事をご確認ください。
>>保険見直しラボの口コミ・評判を徹底解説!オンライン相談もOK!

自動車保険は各社を比較すれば節約できる固定費です!

自動車を保有している人が加入する自動車保険ですが、相場よりも高い金額を払い続けている人が少なくありません

実際私も二十歳でクルマを購入した時に加入した自動車保険は相場よりも2~3割高い保険料を2年以上支払っていました・・・

自分で自動車保険を調べずディーラーに勧められた保険代理店と契約したことが原因です。

若かりし頃の経験を活かして現在は徹底的に調べて満足できる自動車保険を契約していますが、自動車保険は比較検討して選択することを強くオススメします!

しかし、複数社を比較することが面倒になる気持ちも分かりますが私のように2年間で7万円近くを無駄金にしてしまう失敗をしてはいけません

自動車保険の比較が面倒と感じる人は一括見積サービスを利用してすこしでも楽する方法もあります!

自動車保険の一括見積でオススメなサービスはSBIホールディングスの保険の窓口インズウェブです。

私も実際に利用し多くの自動車保険の中から「コレだ!」という保険に出会いました!

しかも入力時間は約3分!最大20社の見積もりを取得できあなたにオススメの自動車保険がわかります。

しかも保険の窓口インズウェブは無料で利用できるので自動車保険の更新が近い人は利用することを強くオススメします。
>>【自動車保険インズウェブ】公式サイトはこちら

火災保険も金額が大きいため節約しやすい固定費です!

火災保険は建物構造(木造/鉄筋コンクリートなど)や保障内容によって保険料が異なるため周りと単純に比較できません

また、加入時に火災保険を比較検討する人は少なく不動産屋かハウスメーカーが勧めた火災保険に加入するケースが一般的です。

火災保険を比較検討せずに契約してしまうと長期的に損する可能性が高くなります!

特に持ち家の火災保険は賃貸物件より高額になり5年・10年の長期契約なので契約時の比較検討が重要になります。

しかし、各火災保険サービスの資料を取り寄せ内容を細かく把握することを面倒に感じる人がいますが、その結果長期間にわたり損し続けることはもったいないと感じます。

実は、あなたに合った火災保険をカンタンに比較できるサービスに注目が集まっています!

あなたの条件をWEB上で入力し各社の火災保険の見積りを一括取得してくれるサービスが人気で、一番のオススメがSBIホールディングスの保険の窓口インズウェブです!

最大15社の見積もりをたった3分の入力で取得できるだけでなく細かな条件・要望にも合わせてくれます。

しかも保険の窓口インズウェブは無料で利用できるので火災保険を検討している方や契約更新時期が近い方は利用をオススメします!
>>【火災保険インズウェブ】公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました