【年間3万円】効率よく水道料金を節約する!継続できる12の節水法

【水道料金の節約】継続できる節水法

「水道代が先月より高くなった」
「節約の効果が出ない」
「効果が高い節約法が知りたい!」

水道料金は徐々に値上がりしており節水に取り組む人が増えています。

節水に取り組む多くの人が挫折したり効果が上がらず悩んでいる実情があります。

そこで、水道料金を含めた水道光熱費で年間8万円以上も節約に成功している私が、水道料金の効率的な節約方法をご紹介します!

この記事を読んで分かること
  • 水道料金の効果的な節約方法が分かる!
  • 家庭内の場所別にオススメな節約法が分かる!
  • 水道光熱費全体を節約できる方法が分かる!

「水道代が高くて困っている」・「節水で挫折した経験がある」方は必見ですので、さいごまでお付き合いください。

この記事を書いた人
節約大佐

節約ブロガー|中京圏在住|5人家族アラフォー|
少しでも得したい。日頃からお得な情報にアンテナを立てまくり。さまざまな節約方法を調べて実践してます。
節約した結果、電気・ガス・水道料金トータルで、全国平均よりも28.5%(年間8万円以上)固定費を削減!

節約大佐をフォローする

結論:水道料金の節約は継続できる方法を選ぼう!

水道料金の節約は継続が難しく効果を得にくい光熱費の一つですが、逆に継続できれば節約効果を得ることが出来ます!

水道料金節約の成功は「継続できるか?」にかかっています!

また、水道料金の節約は場所によって効果が大きく違うので場所を選んで行うことも重要です!

継続できる方法で節約場所を間違わなければ成功確率はグンッと上がります!

水道料金の平均額はいくら?

あなたの水道料金は周りと比べて高いですか?低いですか?

水道料金は世帯人数や家族構成によって大きく変わるため単純に比較はできませんが、ざっくりでよいので比べてみましょう。

自分の状況を知ることで節約意識に気を付けましょう!

水道光熱費に占める水道料金の割合は23.9%

水道光熱費に占める水道料金の割合は年間平均で23.9%と大きな割合です。

地域によって水道料金は大きく変わり平均以上に高い割合を占めている家庭も少なくありません。

生活に水は欠かすことができず大幅な節約は難しいと考えてください。

電気代やガス代と比べて水道料金は節約難易度がすこし高めです!

世帯人数ごとの水道料金

総務省統計データによると、水道料金は世帯人数によって大きく変わることが分かっています。

世帯人数ごとの水道料金表一覧表
  水道料金 水道光熱費 水道光熱費に占める割合
世帯人員1人 2,246円 11,358円 19.8%
世帯人員2人 4,344円 19,168円 22.7%
世帯人員3人 5,749円 22,503円 25.6%
世帯人員4人 6,465円 23,477円 27.5%
世帯人員5人 7,307円 25,644円 28.5%
世帯人員6人以上 9,190円 30,966円 29.7%

【一覧表】地域ごとの水道料金

水道料金は、世帯人数以外に地域によっても大きな差があります。

地域ごとの水道料金一覧表
  水道料金 水道光熱費 水道光熱費に占める割合
北海道地方 4,419円 23,053円 19.2%
東北地方 5,040円 21,324円 23.6%
関東地方 4,314円 17,014円 25.4%
北陸地方 4,722円 20,655円 22.9%
東海地方 4,098円 18,054円 22.7%
近畿地方 4,159円 17,003円 24.5%
中国地方 4,416円 18,366円 24.0%
四国地方 3,836円 18,681円 20.5%
九州地方 4,041円 16,787円 24.1%
沖縄地方 3,621円 16,416円 22.1%

【効率的に節約】効果的な場所で節約しよう!

水道料金は節約する場所がとても重要で、間違った場所で節約を行なうと効果を得ることが難しくなります!

家庭内で節水するオススメの場所は、お風呂・トイレ・キッチン(台所)・洗濯の4ヵ所です。

優先順位も、お風呂・トイレ・キッチン(台所)・洗濯の順番です!

家庭内でもっとも水道をつかっているのはお風呂!

東京都水道局が家庭内の水道使用量を調査しています。

水道使用場所ランキング(東京都水道局)

1位:お風呂(40%)
2位:トイレ(21%)
3位:炊事(18%)
4位:洗濯(15%)
5位:洗面・その他(6%)

お風呂が全体の40%でダントツで1位で、2位~4位は21~15%なので大きく変わりません。

使用量が多い場所での節約が効率的!

水道料金の節約で効果的に効果を得たければ、水道使用量の多い場所順に節約に取り組むべきです!

節水効果の比較【50m3/月】
利用量の多いお風呂(約40%)で3割節水!

50m3×40%×3割削減=6m3の節水(全体の12%)

利用量の少ない洗面所(約6%)で3割節水!

50m3×6%×3割削減=0.9m3の節水(全体の1.8%)

同じ3割節水を達成しても場所が違うだけで得られる節水効果が全く違います。

水を多く使用するお風呂・トイレ・キッチン(台所)・洗濯で節水すれば高い節約効果を得られます。

高い節約効果を求めるなら使用水量が多い場所で頑張りましょう!

水道料金の構成と仕組みを理解しよう!

水道料金の構成や仕組みを理解すれば効率的に節約できます。

全国的に水道料金は値上がり傾向にあり家計を圧迫する可能性もあるので今のうちに節約に取り組みましょう。

【水道料金】使えば使うだけ割高!

水道料金は従量料金制で使えば使うだけ料金単価(1m3当たり)が高くなるため、使用量が少ない家庭より使用量が多い家庭が水道単価は高くなります。

[参考]名古屋市の水道料金
水道使用量(月) 上下水道料金(月) 1m3当たり
20m3 2,695円 134.75円
30m3 5,577円 185.90円
50m3 12,551円 251.02円

20m3/月の水道使用量を1とすると、30m3/月の使用で1.38倍、50m3/月の使用で1.86倍です!

水道使用量を減らせば節約効率がどんどん高まります!

【水道料金】自治体によって8倍以上違う!

水道事業は市町村や広域公共団体が運営しており、人口や住居密度によって採算性が異なるため水道料金に大きな金額差があります。

水道料金が一番安い自治体(兵庫県赤穂市)と一番高い自治体(北海道夕張市)では8.02倍の金額差があります。

引用:ミズコム
[参考]名古屋市(240位)と夕張市(1,345位)の水道料金
水道使用量 [名古屋市]水道料金 [夕張市]水道料金 水道料金の差
20m3 2,695円 12,071円 4.48倍
30m3 5,577円 18,491円 3.32倍
50m3 12,551円 31,331円 2.50倍

水道事業は受益者負担で営まれていて、都市部などの過密自治体では少ない水道管で効率的に水を配ることができるので採算性が高くなり水道料金を安くできます。

一方、地方部では集落が広いが人口密度は少ないので採算性が低くなり水道料金が高くなってしまいます。※他にも水源地からの距離などもさまざまな要因があります。

各自治体の事情により水道料金は大きく差があります!

今後値上がりする可能性が高い!

水道料金は今後値上がりが予想されます。

値上がりの要因はいくつもありますが、人口減少(過疎化)と水道管の老朽化です。

人口減少(過疎化)

地域によっては過疎化が進んでいて、給水地域の人口が減少すると受益者が減り一人当たりの費用負担が増加します。

水道管の老朽化

現在運用されている水道管は布設から数十年経過しており、今後は水道管の布設替え工事の増加が想定されています。工事費の一部を受益者が負担することになります。

他にも自治体の財政難など負の要因が考えられます。

水道料金は将来的に値上がりする可能性が高いです!

住んでいる場所は変えられない!

「水道料金が高い地域に住んでいるなら安い地域へ引っ越せばいい」などと簡単にはいきません!

これまでの生活基盤や将来設計などを壊してでも引っ越しを選ぶ人はとても少ないので、今の環境の中で最善を尽くすことをオススメします。

最善を尽くすとは「節水する!」ことですね!

場所ごとのオススメ節約法

家庭内で効率良く節水するためには高い効果が得られる場所で優先的に節約しましょう!

また、複数の節約法を組み合わせることで得られる節約効果を何倍にもできます!

あなたの生活環境に合わせてできる節約は全てやってみましょう!

【節約】お風呂のオススメ節水法

家庭内でもっとも水道を使用する場所が「お風呂」です!
お風呂で節水できれば節約効果は大きいので、まずはお風呂の節水を考えましょう。

お風呂のオススメ節水法
  • 節水シャワーヘッドを使用する!
  • こまめにシャワーを止める!
  • 残り湯を有効活用する!(洗濯、洗車、ガーデニング)

節水シャワーヘッドを使用すれば節約意識が無くても自然と節約になるためオススメです!

購入費用は数千円ですが何倍もの節約効果が得られるのでコスパが高い節水法です!

入浴中のシャワーはこまめに止めましょう!
シャンプー中・洗顔中などお湯の出しっぱなしを止めるだけで大きく節約できます!

残り湯はそのまま捨てずに有効活用すれば、家庭全体で節水できます!
利用例としては、洗濯・洗車・ガーデニング・トイレなどさまざまな用途で利用できます!

お風呂の節約については詳しく解説した記事を確認ください。
>>【保存版】お風呂の節水!年間20,000円以上節約できた5つの方法

【節約】トイレのオススメ節水法

家庭内で2番目に水道を使用している場所が「トイレ」です!
「在宅時間が長い」・「家族が多い」場合は、トイレで節水できれば大きな節約効果が期待できます。

トイレのオススメ節水法
  • 節水器で水量を調整する!
  • 大/小レバーで流し分け!
  • お風呂の残り湯を再利用する!

トイレの洗浄水は必要以上に流れていることが多いです。
トイレタンクに節水器などを設置して水量を調整すれば高い節水効果を得られます!

用途によってトイレの大/小レバーは使い分けましょう!

お風呂の残り湯はトイレの洗浄水にも活用できます。
ペットボトルに入れてトイレタンクの横に置いておくと使いたい時にすぐ使えるので便利です。

トイレの節約については詳しく解説した記事を確認ください。
>>【トイレの節約】節水トイレは詰まりやすい!詰まる原因と解決方法を解説!

【節約】キッチン(台所)のオススメ節水法

家庭内で3番目に水道を使用している場所が「キッチン(台所)」です!
新型コロナの影響で自宅で食事をする機会が増え、キッチンの節水を意識した人も増えています!

キッチン(台所)のオススメ節水法
  • 節水シャワーヘッドを使用する!
  • 洗い桶を有効に使う!
  • 食洗機を利用する!

キッチンの蛇口に節水シャワーヘッドを設置すれば高い節水効果を得られます!
節水だけでなく、水流変更で食器洗いの時短になったり首振り機能でシンク掃除が楽になります。

洗い桶もキッチンでは効果を発揮しますが、スペースをとってしまうデメリットがありました。
しかし、折り畳める洗い桶ならデメリットを解消できます!

キッチン節水の王道は「食洗機」で節水効果が非常に高いです!

キッチンの節約については詳しく解説した記事を確認ください。
>>【決定版】キッチンの節水!蛇口にシャワーヘッド・食洗器以外の水道料金節約方法も徹底解説

【節約】洗濯のオススメ節水法

家庭内で4番目に水道を使用している場所が「洗濯」です!
洗濯で節約できれば水道料金以外に電気料金も節約できるので一石二鳥です!

洗濯のオススメ節水法
  • 洗濯容量の80%を心掛ける!
  • 洗濯はまとめ洗いしよう!
  • お風呂の残り湯を活用しよう!

洗濯機には洗濯容量が決められていますが80%の容量で洗濯するように心掛けましょう!

こまめに洗濯するのではなくまとめて洗濯すれば洗濯回数が減り節約になります!

洗濯にお風呂の残り湯を利用すれば使用水量を減らせます!
残り湯を利用する時は「臭い残り」・「色移り」を防ぐために注意点を知っておきましょう!

洗濯の節約については詳しく解説した記事を確認ください。
>>【決定版】洗濯で節水!効果的な節約法11選|ドラム式は?コースは?すすぎ回数は?

まとめ:水道料金の節約は継続できる方法を選ぼう!

水道料金の節約は継続できれば成功する確率が高くなります!

継続できる節約法は生活スタイルを崩さなくても大丈夫な方法がオススメで節水グッズも積極的に検討してください。

節水グッズは数千円の購入費用が発生しますが元は取れますよ!

また、水道料金以外にも電気料金やガス料金でも節約することで得られる効果がとても大きくなります。

電気料金やガス料金の節約についても詳しく解説した記事をご確認下さい。
>>【年間3万円削減】効率よく電気料金を節約する6の方法

タイトルとURLをコピーしました