【あなたは間違っている?】お風呂のお湯はいつ捨てる?何日で交換する?

お風呂のお湯はいつ捨てる?何日で交換する?

「お風呂のお湯は何日で交換する?」
「翌日のお湯はどれくらい汚れているの?」
「他の人は何日くらいでお湯を交換しているの?」

今回は、お風呂に関する悩みを解決します!

お風呂のお湯を交換する回数によって水道代とガス代が高くなったり安くなったりするので、節約に関心がある人にとっては気になる部分です。

節約を気にすることは大事ですが、その結果、予期せぬトラブルになることもありますのでトータルで考えることも重要です。

この記事を読んで分かること
  • お風呂のお湯を交換する頻度が分かる!
  • お湯の交換頻度に起因するトラブルを回避できる!
  • 家庭全体で節約しやすい方法が分かる!

お風呂のお湯の交換頻度で悩んでいる人は答えが分かりますし、間違った交換頻度の人は改めることでトラブルを回避できますので必見です!
さいごまでお付き合いください。

この記事を書いた人
節約大佐

節約ブロガー|中京圏在住|5人家族アラフォー|
少しでも得したい。日頃からお得な情報にアンテナを立てまくり。さまざまな節約方法を調べて実践してます。
節約した結果、電気・ガス・水道料金トータルで、全国平均よりも28.5%(年間8万円以上)固定費を削減!

節約大佐をフォローする

結論:お風呂のお湯は毎日交換したほうが良い

まず結論は、お風呂のお湯は毎日交換することをオススメします!

理由としては、お風呂のお湯は時間が経つにつれ雑菌が繁殖し、健康に影響を与える菌も含まれています。

また、お風呂のお湯の交換頻度を少なくしても節約できる金額はそこまで大きくありません

節約目線でお風呂のお湯の交換頻度を気にする人が多いと思いますが、他の効果的な節約法を実践するほうが近道です。

ここから詳しく説明していきます。

一晩経ったお湯の細菌のパラダイス

お風呂のお湯には、細菌が含まれており時間の経過と主に増殖します。

稀なことですが、お湯の雑菌にはレジオネラ菌という怖い菌が繁殖してしまうこともあります。

節約のために行ったことで健康を害してしまっては残念です!

衛生面の問題について詳しく説明します。

残り湯の細菌は1,000倍に増殖する

お風呂のお湯には、雑菌が含まれており蛇口より入れたすぐはごくごく少数の菌しかいませんが、一晩経過すると増殖します。

翌日になると、風呂水の菌数は数十万個から数百万個と、入浴直後の約1,000倍に増えることがわかりました。

衛生微生物研究センター

残り湯に繁殖する細菌の多くは人と共生関係にあるので、それだけですぐに病気になることは少ないそうです。

残り湯を放置すれば細菌に大量増殖の場を与えることになり、衛生的とはいい難いため、風呂水はできるだけその日のうちに利用し、ため置かないようにしたいものです。

衛生微生物研究センター

レジオネラ菌は死に至ることもある

通常、残り湯に繁殖する細菌ですぐに病気になる可能性は高くありませんが、稀にレジオネラ菌が繁殖することがあります

衛生微生物研究センターもレジオネラ菌について、以下のように警告しています。

抵抗力の弱い人は、吸入により感染、死亡することもありますので、レジオネラ菌が増えやすい場所の衛生管理は厳重にすべきです。

衛生微生物研究センター

レジオネラ菌の繁殖は稀なケースですが、死亡に至ることもあるので無視できません

他の家庭は毎日交換、1日おきに交換、足し湯する

「周りの家庭はどうなのか?」気になりますよね。

私の周りやネットの口コミを確認すると、「毎日お湯を交換する」・「1日おきにお湯を交換する」・「2日目はお湯を足し湯する」の3パターンに分かれます。

  • 毎日お湯を交換する家庭:約5割
  • 1日おきにお湯を交換する家庭(2日目は追い焚き):約3割
  • 2日目は足し湯する家庭:約2割

私も毎日お湯を変えることをオススメしますが、それぞれの意見をご紹介します。

口コミ:お風呂のお湯を毎日交換する

毎日お湯を変える理由
  • 一晩経った雑菌量が多いお湯に浸かりたくない。
  • キレイなお湯じゃないとリラックスできない(なにか浮いていると余計に疲れる)
  • 毎日を1日おきにしても月1,000円くらいの節約なら他でカバーする

毎日お湯を交換する家庭の口コミとしては、衛生面を重視していることが特徴です

お風呂でリラックスしたいのに、気にしてリラックスできないのは辛いですし、万が一病気になってしまうと余計に大変です。

また、お湯の交換頻度を少なくして節約できる金額は、他の節約でまかなうのでキレイなお湯に浸かりたいという気持ちも理解できます。

【番外編】
  • お父さん(旦那さん)が入浴した後にはこっそりお湯を変えているという人もいました。

お父さん(旦那さん)が入った後にはこっそり変えている家庭もあるそうで少しショックでした。
オジサンは皮脂汚れが多いイメージなんですね・・・。

口コミ:お風呂のお湯を1日おきに交換する

一日おきにお湯を交換する理由
  • 2日目は入浴剤を入れてごまかしている
  • 3人家族ならそこまで汚れない。5人家族くらいになると汚れが気になるかも・・・。
  • 浴槽に入る前に、カラダをキレイに洗ってから入るように徹底しているから大丈夫

2日目のお湯が汚れていることは知っているけど、極度に気にしていない意見が大半を占めていました
少しでも汚れが気にならないように2日目は入浴剤を使用する家庭もあります。

汚れに対する感じ方は個人差がありますが、健康面で影響ある細菌への対策のために、お湯の除菌アイテムの使用も有効です
※完全に除菌することは難しいです。

2日目でなくても、数人入浴した後にも除菌にも効果があります!

口コミ:お風呂のお湯を2日目は足し湯する

2日目はお湯を足し湯する理由
  • お風呂の残り湯は洗濯にも活用しているので、足りない分を足し湯する
  • 残り湯に雑菌が繁殖しているがお湯を足して多少は薄まるのでは?
  • 追い焚きするよりも半分お湯を足したほうが経済的?

浴槽のお湯を全部交換するのは勿体ないけど、まるっと2日目も使うのは抵抗ある方が一定数います。

経済的にも追い焚きするよりも半分の足し湯のほうが安上がりと考えているようですが実際はどうでしょうか?

たしかに毎日交換と1日おき交換の良いとこ取りした形ですね!

毎日交換vs1日おき交換vs足し湯のコスパ比較

ここまでで、衛生面(お湯に増殖する雑菌)と他の家庭の状況をご紹介しましたが、ここでは節約面から比較してみます。

節約面で大きな効果があれば、多少のお湯の汚れは気にしないという人も増えるかもしれません。

お風呂のお湯に関係する水道料金とガス料金の2つの料金で考えていきます。

結論:水道+ガス料金では「1日おきにお湯を交換する」がコスパが良いが・・・

水道料金とガス料金で3つの方法を比較しました。

  • 1位:1日おきにお湯を交換=2,340円/月
  • 2位:2日目は足し湯=2,850円/月
  • 3位:毎日お湯を交換=3,120円/月

水道料金・ガス料金ごとの詳細は後ほど説明します。

最大の金額差は780円/月なのでそこまで大きな節約効果は得られません!

衛生面と節約面を天秤にかけて、衛生面を重視する人が多いかもしれません

ここから水道料金とガス料金を詳しく比較しますが、それぞれの料金は地域差や住環境によって異なりますので目安にしてください。
※例:都市ガスとプロパンガスの料金差は約2倍です。

水道料金を比較

毎日お湯を交換する、1日おきにお湯を交換する、2日目は足し湯するの3方法で水道料金を比較します。※水道料金は0.25円/ℓで計算

 毎日お湯を交換する1日おきにお湯を交換する2日目は足し湯する
1ℓ当りの水道料金0.25円/ℓ
1回当たりの水道使用量200ℓ(足し湯は100ℓ)
2日間での水道使用量400ℓ200ℓ300ℓ
2日間での水道料金100円50円75円
1ヶ月当りの水道料金1,500円750円1,125円
水道料金のみの比較
  • 1位:1日おきにお湯を交換=750円/月
  • 2位:2日目は足し湯=1,125円/月
  • 3位:毎日お湯を交換=1,500円/月

単純に使用水量が減ることで水道料金が安くなり、1位と2位の差額は375円/月、1位と3位の差額は750円/月です。

最大750円/月が高いと感じるか安いと感じるかは人によりますが、私は「そこまで差がない」と思います!

ガス料金を比較(2日目は追い焚き)

次に、ガス料金を比較しますが1日目は蛇口からお湯を入れ、2日目は「全てお湯を交換する、残り湯を追い焚きする、半分(100ℓ)足し湯する」想定で比較します。

ガス料金は、湯温と水温の差と熱効率によって決まってきます。

ガスの種類は都市ガスプロパンガスとありますが、今回は都市ガスで比較します。
参考ですが、プロパンガスは都市ガスの約2倍の料金と考えてください

算出条件
  • 水温:20℃(1晩経過後の水温:16℃)
  • 湯温:42℃(足し湯の温度:66℃)
  • 発熱量:10,750kcal/m3
  • 熱効率(蛇口):90%
  • 熱効率(追い焚き):75%
  • ガス料金(都市ガス):145円/m3
 毎日お湯を交換する1日おきにお湯を交換する2日目は足し湯する
1ℓ当りのガス料金0.27円/ℓ
1回当たりの水道使用量200ℓ
1日間でのガス料金54円(蛇口から)
2日間での水道使用量200ℓ0ℓ100ℓ
2日間でのガス料金54円(蛇口から)52円(追い焚き)61円
1ヶ月当りのガス料金1,620円1,590円1,725円
ガス料金のみの比較
  • 1位:1日おきにお湯を交換=1,590円/月
  • 2位:2日目は足し湯=1,620円/月
  • 3位:毎日お湯を交換=1,725円/月

ガス料金は水道料金と違い少し複雑で、蛇口からお湯を入れる場合と追い焚きでは同じお湯の量でもガス料金が異なり、また、湯温が高いとガス料金も高くなります

それぞれの方法で料金差はほぼありません!

他の節約法がオススメ!

お風呂のお湯を1日おきに交換しても節約できる金額は1,000円/月以下です

「思ったより節約効果は低いな」と思っていませんか?

私はこれくらいの節約金額なら他の節約を頑張ります!

節約は継続が大事です!
ここからは誰でも継続できて節約効果が得やすい方法をご紹介します。

複数の節約を掛け合わせることで節約効果を倍以上にできるのでご自身に合っている節約法を取り入れてください。

水道料金を節約しよう【節水アイテム】

水道光熱費は世帯人数が多くなるほど高くなりますが、逆に、節約できる金額も大きくなります。

オススメの水道料金の節約法
  • 節水シャワーヘッドに取り換える!
  • お風呂の残り湯を活用する!
  • 洗濯頻度を見直す!

水道料金の節約は多くの種類がありますが、効果が高い~低いものまで玉石混在なので、私が厳選した3つを紹介します。

まず、節水シャワーヘッドは水道料金だけでなくガス料金も節約でき、節水シャワーヘッドを取り換えるだけで日頃から意識せずとも節約効果を得続けられます

節水シャワーヘッドは値段がピンキリで、節水効果も大きく異なります。
また、節水効果を得ようとしすぎるあまりシャワー水圧が下がって「失敗した」と感じる方もいます。

私のオススメは「日丸屋製作所の節水シャワーヘッド」で節水能力が60%と高く、水圧を切り替えることができるのもポイントです!
価格もシャワーヘッドの中では安価な2,000円台なので気軽に試せます。

他にも、「お風呂の残り湯を活用したり」「洗濯頻度を見直したり」行える節水方法は多くありますが、世帯人数によってオススメがかわることが注意点です。
※一人暮らしにオススメの方法とファミリー世帯にオススメの方法は違う。

気になる方はそれぞれの記事をご確認ください。

>>【一人暮らし向け】水道光熱費の節約で貯金を2万円増やそう|固定費削減ならまず節水!

>>お風呂の残り湯で洗濯はいくら節約できる?やり方・デメリット・効果まで解説

>>お風呂の節水!年間20,000円以上節約できた5つの方法

電気料金を節約しよう【電力会社切り替え】

電力会社を切り替えることも大きな節約効果を得られます!

2016年の電力小売自由化によって大手電力会社の独占市場から数百の電力会社が参入し競争市場に変わっています。
電力会社を切り替えても電気の質は変わらず電気料金を下げることができます。

電気料金は電力会社によってさまざまで、間違った電力会社を選択すると電気料金が高くなってしまうこともあります。
※電気使用量が大きいほど安くなる料金プランを設定している電力会社が多いため。

電気使用量が少ない一人暮らしが恩恵を受けれないプランもあります。注意しましょう!

600社を超える電力会社より厳選し、世帯人数ごとにオススメ電力会社を決定しました。
無理なく確実に節約したい方は、ぜひ確認してください。
>>【新電力会社】おすすめランキング決定版

ガス料金を節約しよう【ガス会社切り替え】

電力会社と同じくガス会社も切り替えることができます。
また、電気とガスを一つの会社にまとめることで割引になるケースもあります。

都市ガスの切り替えは各ガス会社を比較しなければならず労力がかかりますが、ガス会社比較サイトを使えば5分で比較が完了します!

ガス会社の比較サイトなら全国エリアを網羅している「ガスチョイス」がオススメです。

\いまならWeb申込で最大30,000円キャッシュバック/

プロパンガスを契約しているなら大きく節約するチャンスです!

まず、市ガス供給エリアでプロパンガスを契約している場合は、都市ガスに切り替えるだけでガス料金を節約できます。

都市ガス供給エリアでない場合も、プロパンガス会社を見直すことで節約できます

プロパンガスは、サービスの関係で地域の閉鎖的な市場になりやすく、会社によって料金差が何倍にもなります。
しかし、プロパンガス料金比較サイト「ガス屋の窓口」を使えば簡単に比較でき、継続して節約できます。

\簡単3ステップで完結/

クレジットカード【ポイント還元率の高いカードに絞る】

現金使用が減り、クレジットカードを使用する機会が増えました。
リアルな決済もそうですが、ネットショッピングが急拡大した今、クレジット決済が大きな割合を占めています。

クレジットカードはカード会社によってポイント還元率が違うだけと思っていませんか?

還元率以外にもカードによってさまざまなメリットがあります。

そのためにもできるだけカードを厳選して使用することで受ける恩恵をアップさせれます。
オススメのカード保有枚数は3枚でメイン1枚とサブ2枚というイメージで良いと思います。

生活環境によって選ぶカード会社も異なりますが、多くの人にメリットがあるのが、「楽天カード」「dカード」です。
悩んだらこのどちらか(もしくは2枚とも)選ぶことをオススメします。

まとめ:お風呂のお湯は毎日変えよう!効果の高い節約法は他にある!

お風呂のお湯の交換頻度について詳しく比較しましたが、頻度が多くても少なくても得られる節約効果は最大でも月1,000円以下です。

衛生面でもリスクがあり、節約効果が1,000円以下ならオススメな節約法とは言えません。

もし節約のためにお風呂のお湯に目を付けたのであれば、別の節約法を行うことを強くオススメします!

水道光熱費であれば、

  • 節水シャワーヘッドに交換
  • 電力会社を切り替え
  • ガス会社を切り替え

それ以外にも、

  • クレジットカードを厳選
  • 携帯料金見直し
  • Wi-Fi料金見直し
  • 保険の見直し

できることはさまざまで、複数の節約法を行うことで得られる効果が2倍・3倍と増えていきます
ぜひ、合った節約法を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました