しろくま電力は高い?安い?乗り換えてはいけないエリアがあることを知っていますか?

しろくま電力は高い?安い?

しろくま電力は、2024年1月31日まで「電気代が1ヶ月無料になるキャンペーン」を実施中です。

しろくま電力へ乗り換えるなら今がチャンスです。公式サイトから申し込んでみましょう。

>>

しろくま電力へ乗り換えを検討している人なら、一度は気になったことがあるはずです。

  • しろくま電力はホントに安い?
  • 電気料金が高いって聞いたけど大丈夫?
  • 電気代がいくら安くなるの?

しろくま電力へ乗り換えれば「最大25%も電気代が安くなる」といわれていますが、実際にいくら電気代が安くなるのか?疑問に思っている人がたくさんいます。

回答として、電気代がいくら安くなるかは、「住んでいる地域」と「毎月の電力消費量」によってちがいます

しろくま電力は日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格によって電気料金が変動するので、「必ず安くなる」と言い切ることはできません。

そこで、過去のJEPXにおける市場取引価格をもとに、地域ごと、電力消費量(世帯人数)ごとにシミュレーションし「しろくま電力でいくら安くなるのか?」を検証してみました。

予想ではなく、過去の実績値(市場価格)をもとに計算しているので信憑性が高いはずです。

この記事を読めば、以下のことが分かります。

  • 実際に電気代がいくら安くなるか分かる!
  • しろくま電力がおすすめな人が分かる!
  • しろくま電力がおすすめじゃない人が分かる!

時間が無い人のために結論を先に伝えると、北海道、北陸、中国、四国エリアの人はしろくま電力に乗り換えれば電気代が安くなります

しかし、その他のエリアの人は電気代が高くなる可能性があるので、慎重に判断してください。※記事を詳しく読んでください。

現在、電気代が1ヶ月無料になるキャンペーンを実施しているので、乗り換えるなら今がチャンスです。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

目次

【オトク】しろくま電力に乗り換えると電気代が安い地域

しろくま電力は、良い口コミや評判がたくさんある電力会社ですが、電気代はいくら安くなるのでしょうか。

過去の日本卸電力取引所(JEPX)の実績値をもとにシミュレーションしたところ、電気代が安くなる地域が明確になりました。

「しろくま電力」に乗り換えて電気代が安くなる地域は以下の4つです。

  • 北海道電力
  • 北陸電力
  • 中国電力
  • 四国電力

しろくま電力は、市場の取引価格によって1ヶ月単位で電気料金が変動するので、未来を予想して「電気代が必ず安くなる」と言い切ることはできません

しかし、今回のように過去の実績値をもとにシミュレーションした結果を見れば、安くなる可能性が高いと言えます。

しろくま電力は解約手数料が0円なので、いつでも解約できます。

北海道、北陸、中国、四国エリアに住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えれば電気代が安くなる可能性が高いです。

今なら、電気代が1ヶ月無料になるキャンペーンを実施しているので、乗り換えるなら今がチャンスです。

>>

しろくま電力のほうが北海道電力よりも「約22%」安い!

シミュレーションの結果、北海道電力から「しろくま電力」へ乗り換えると最大22%も電気代が安くなります

しろくま電力 vs 北海道電力

スクロールできます
北海道電力しろくま電力差額
一人暮らし5,211円4,679円-532円(年-6,384円)
二人暮らし8,815円7,469円-1,346円(年-16,152円)
ファミリー(4人)12,679円10,259円-2,420円(年-29,040円)
大家族(5人以上)18,455円14,278円-4,177円(年-50,124円)
月平均の電気代

世帯人数によって電力使用量がちがうので、安くなる金額も変わりますが、「10%~22%安い!」という結果になりました。

北海道に住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えて電気代を安くしてみましょう。

後回しにして損し続けないために、早めに申し込むことをオススメします。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

しろくま電力のほうが北陸電力よりも「約20%」安い!

シミュレーションの結果、北陸電力から「しろくま電力」へ乗り換えると最大20%も電気代が安くなります

しろくま電力 vs 北陸電力

スクロールできます
北陸電力しろくま電力差額
一人暮らし4,214円3,759円-455円(年-5,460円)
二人暮らし7,032円5,984円-1,048円(年-12,576円)
ファミリー(4人)9,936円8,210円-1,726円(年-20,712円)
大家族(5人以上)14,269円11,409円-2,860円(年-34,320円)
月平均の電気代

世帯人数によって電力使用量がちがうので、安くなる金額も変わりますが、「10%~20%安い!」という結果になりました。

北陸エリアに住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えて電気代を安くしてみましょう。

後回しにして高い電気代を支払い続ないために、早めに申し込むことをオススメします。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

しろくま電力のほうが中国電力よりも「約20%」安い!

シミュレーションの結果、中国電力から「しろくま電力」へ乗り換えると最大20%も電気代が安くなります

しろくま電力 vs 中国電力

スクロールできます
中国電力しろくま電力差額
一人暮らし3,750円3,771円+21円(年+252円)
二人暮らし6,638円5,941円-697円(年-8,364円)
ファミリー(4人)9,632円8,112円-1,520円(年-18,240円)
大家族(5人以上)14,282円11,368円-2,914円(年-34,968円)
月平均の電気代

世帯人数によって電力使用量がちがうので、安くなる金額も変わりますが、「10%~20%安い!」という結果になりました。

中国地方に住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えて電気代を安くしてみましょう。

後回しにして損し続けないために、早めに申し込むことをオススメします。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

しろくま電力のほうが四国電力よりも「約21%」安い!

シミュレーションの結果、四国電力から「しろくま電力」へ乗り換えると最大21%も電気代が安くなります

しろくま電力 vs 四国電力

スクロールできます
四国電力しろくま電力差額
一人暮らし3,746円3,543円-203円(年-2,436円)
二人暮らし6,553円5,648円-905円(年-10,860円)
ファミリー(4人)9,425円7,754円-1,671円(年-20,052円)
大家族(5人以上)13,833円10,912円-2,921円(年-35,052円)
月平均の電気代

世帯人数によって電力使用量がちがうので、安くなる金額も変わりますが、「5%~21%安い!」という結果になりました。

四国地方に住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えて電気代を安くしてみましょう。

後回しにして高い電気代を支払い続ないために、早めに申し込むことをオススメします。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

【注意】世帯人数によって「しろくま電力」が高い可能性が…

大手電力会社から「しろくま電力」に乗り換えれば電気代が安くなりますが、すべての人が安くなるわけではありません。

逆に、電気代が高くなってしまう人もいるので注意してください。

具体的に、以下の地域に住んでいて、毎月の電力使用量が少ない人は、逆に、電気代が高くなってしまう可能性があります。

  • 東北電力
  • 東京電力
  • 関西電力

さらに詳しく説明すると、しろくま電力の料金プランは、電力使用量が多いほど「お得度が大きくなる料金プラン」です。

とーや

一人暮らしなどの電力使用量が少ない家庭では、お得にならない可能性があります。

詳しい電気代のシミュレーション結果を紹介するので、上記の地域に住んでいる人は、世帯人数ごとに判断してください。

【東北地方】二人暮らしまでは「しろくま電力」のほうが高い!

世帯人数が4人以上なら「しろくま電力」に乗り換えれば電気代が安くなります

しかし、電力使用量が少ない一人暮らしや二人暮らしは、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなる可能性があります。

しろくま電力 vs 東北電力

スクロールできます
東北電力しろくま電力差額
一人暮らし4,210円4,595円+385円(年+4,620円)
二人暮らし7,188円7,349円+161円(年+1,932円)
ファミリー(4人)10,363円10,103円-260円(年-3,120円)
大家族(5人以上)15,237円14,078円-1,159円(年-13,908円)
月平均の電気代

ファミリー世帯以上なら電気代が安くなるので、「しろくま電力」への乗り換えを検討してみましょう。

>>

【東京電力】一人~二人暮らしは「しろくま電力」のほうが高い!

世帯人数が4人以上なら「しろくま電力」に乗り換えれば電気代が安くなります

しかし、電力使用量が少ない一人暮らしや二人暮らしは、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなる可能性があります。

しろくま電力 vs 東京電力

スクロールできます
東京電力しろくま電力差額
一人暮らし4,062円4,443円+381円(年+4,572円)
二人暮らし7,003円7,115円+112円(年+1,344円)
ファミリー(4人)10,148円9,788円-360円(年-4,320円)
大家族(5人以上)15,025円13,651円-1,374円(年-16,488円)
月平均の電気代

電力使用量が多くなるファミリー世帯以上なら電気代が安くなるので、「しろくま電力」への乗り換えを検討してみましょう。

>>

【関西地方】一人暮らしは「しろくま電力」のほうが高い!

一人暮らし以外なら「しろくま電力」に乗り換えることで電気代が安くなります

しかし、電力使用量が少ない一人暮らしは、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなる可能性があります。

しろくま電力 vs 関西電力

スクロールできます
関西電力しろくま電力差額
一人暮らし3,333円3,427円+94円(年+1,128円)
二人暮らし5,901円5,456円-445円(年-5,340円)
ファミリー(4人)8,618円7,484円-1,134円(年-13,608円)
大家族(5人以上)12,919円10,527円-2,392円(年-28,704円)
月平均の電気代

世帯人数が2人以上なら電気代が安くなるので、「しろくま電力」への乗り換えを検討してみましょう。

>>

大手電力会社よりも「しろくま電力」のほうが高い地域がある!

地域によって電気料金がちがうので、しろくま電力に乗り換えてしまうと、逆に、電気代が高くなってしまう地域があります

具体的に、以下の地域に住んでいる人は、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなってしまう可能性があります。

  • 中部電力
  • 九州電力

電力使用量によっては電気代が安くなりますが、大幅な削減は見込めません。

中部電力、九州電力エリアに住む人は、「Looopでんき」への乗り換えを検討してみませんか。

地域によって、強い新電力会社と弱い新電力会社があります。

中部電力、九州電力エリアは「Looopでんき」のほうが、お得になる可能性が高い地域です。

Looopでんきについて詳しく知りたい人は、関連記事をご覧ください。

【中部地方】二人暮らしまでは「しろくま電力」のほうが高い!

世帯人数が4人以上なら「しろくま電力」に乗り換えれば電気代が安くなります

しかし、電力使用量が少ない一人暮らしや二人暮らしは、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなる可能性があります。

しろくま電力 vs 中部電力

スクロールできます
中部電力しろくま電力差額
一人暮らし3,942円4,291円+349円(年+4,188円)
二人暮らし6,631円6,861円+230円(年+2,760円)
ファミリー(4人)9,468円9,432円-32円(年-432円)
大家族(5人以上)13,795円13,143円-652円(年-7,824円)
月平均の電気代

世帯人数が4人以上なら電気代が安くなるので、「しろくま電力」への乗り換えを検討してみましょう。

>>

【九州地方】大家族以外は「しろくま電力」のほうが高い!

世帯人数が5人の大家族なら「しろくま電力」に乗り換えれば電気代が安くなります

しかし、電力使用量が少ない世帯は、しろくま電力に乗り換えてしまうと電気代が高くなる可能性があります。

しろくま電力 vs 九州電力

スクロールできます
九州電力しろくま電力差額
一人暮らし3,259円3,786円+527円(年+6,324円)
二人暮らし5,564円6,020円+456円(年+5,472円)
ファミリー(4人)7,964円8,255円+291円(年+3,492円)
大家族(5人以上)11,548円11,461円-87円(年-1,044円)
月平均の電気代

電力使用量が多い大家族なら電気代が安くなるので、「しろくま電力」への乗り換えを検討してみましょう。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

中部、九州エリアの人で、電気代が安くなる新電力会社を探している人には、「Looopでんき」がおすすめです。

Looopでんきについては関連記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

まとめ:しろくま電力は電気料金が高い地域があるので注意!

この記事では、しろくま電力に乗り換えると「いくら電気代が安くなるのか?」過去の実績値をもとにシミュレーションして検証しました。

この記事のまとめ
  • しろくま電力なら電気代が最大5万円安くなる!
  • しろくま電力の電気料金は高い地域がある!
  • 世帯人数によって乗り換えのお得度はちがう!
  • しろくま電力は解約手数料が無料!

実際の市場取引価格でシミュレーションした結果、北海道、北陸、中国、四国に住んでいる人は「しろくま電力」へ乗り換えると電気代が安くなります

東北、東京、関西エリアは、電力使用量が多い家庭では、電気代が安くなります!

しかし、中部や九州では、電気代が安くならない可能性があるので注意してください。

しろくま電力は「解約手数料が0円」で「契約期間に制限が無い」ので、いつでも解約できます

しろくま電力へ乗り換えて電気代が安くなる人は、一度乗り換えてみることをおすすめします。

今なら電気代が1ヶ月無料になるキャンペーンを実施しているので、申し込むなら今がチャンスです。

>>

\ 不定期で1ヶ月無料キャンペーン実施中 /

解約手数料0円なのでいつでも解約できる

目次